アドミッションポリシー

求める学生像

助産師は女性とのパートナーシップで妊娠・出産・育児を始め、女性の生涯に携わる仕事です。また助産師は、母と子の命と、さらに次世代に続く3つのいのちに責任を持つ仕事です。その仕事を全うするためには知識・技術は勿論のこと、自らが学び、成長する必要があります。このため助産専攻科では次のような資質を備えた学生を強く望んでいます。

  • 自らが学ぶ姿勢を持ち、いつでも行動できる人
  • 自分を振り返り、課題を発見し解決する力を持っている人
  • 何事にも誠実に取り組み、責任ある行動がとれる人

助産専攻科章

学科章は、Midwife(助産師)のMWとクローバー(真実・本物)をモチーフにしたマークです。Midwifeを目指す真実の心と、真の教育の実践を願っています。ブルーのカラーは、助産専攻科のシンボルカラーです。

身につけてほしい「3つのプロ意識」

プロフェッショナル Professional  ―  高い専門性
(医療専門職として看護師が身につけなければならないもの)

プロフィット Profit  ―  最大限の効果
(持てる知識、技術による実践力として発揮しなければならないもの)

プログレス Progress  ―  耐えぬ向上心
(専門性を維持するため知識習得に努めるに必要なもの)

先頭へ戻る