助産専攻科

人間の生命には、各人の限りある生命と、親から子、子から孫へと受け継がれる生命がある。

助産師は、女性とそのパートナーの生命、生まれ来る子どもの生命、そして子どもが親になることへの萌芽に関与する。 人間の生命にかかわる助産師は、その根底において、人間を愛し生命を尊ぶ者である。 女性と子どもの生命の尊重とともに、その生命を支える他者の生命への畏敬、そして生命にかかわることの責任感を片時も忘れない。
さらに、生命の意味を探求し続け、これに寄与することに最大限の努力を惜しまない。以上の信念を行動で示すことのできる者が助産師である。

ー日本助産師会「助産師の理念」 生命の尊重より

コンテンツ

先頭へ戻る