資格・就職

資格取得とその先

助産師の活躍する臨床現場では、常に最新の技術が取り入れられ、日々進化しています。
そんな中で、助産師も、常に学び続けることが求められています。
国家試験の合格や、助産師としての就業がゴールではありません。
本校は、さらに自己の研鑽を積み、学び続ける姿勢を支援します。

専門実践教育訓練給付制度

ユマニテクの助産専攻科は、教育訓練給付金の専門実践教育訓練として、厚生労働大臣により指定されました。
キャリアアップを目指す人のために、かかる費用の最大60%が給付されます。他の奨学金と併用(併給)することができます。

専門実践教育訓練給付制度とは

働く方の能力開発の取り組み、キャリア形成を支援するため、教育訓練受講に支払った費用の一部を支給するとともに、専門実践教育訓練を受講する45歳未満の離職者の方に対しては、基本手当が支給されない期間について、受講に伴う諸経費の負担についても支援を行うことにより、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。

■キャリアアップを目指す方
■費用の問題で助産師をあきらめていた方

教育訓練給付金を受けられる可能性があります。
不明な点などは、各地域のハローワークまたは以下にお問合せください。

●お問い合わせ
ユマニテク看護助産専門学校
助産専攻科 入試係

〒510-0067 三重県四日市市浜田町13-29
TEL.059-353-4318

教育訓練給付制度の詳細

  1. 支給対象者
    受講開始日現在に雇用保険の被保険者期間が2年以上あること。 ただし、平成26年10月1日以降に教育訓練給付金を受けた場合は、10年以上の雇用保険の被保険者期間を有すること。
  2. 支給額
    教育訓練費の60%(年間上限48万円)
    ①教育訓練経費の40%(年間上限32万円)
    支給申請の時期によって、受講中(受講開始日から6か月ごとの期間の末日の翌日から起算して、1か月以内が支給期間)または受講終了後(修了日翌日から起算して1か月以内)に支給を受け取ることができます。
    ②教育訓練経費の20%(年間上限16万円)
    受講修了後、資格を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に一般被保険者として雇用された場合に追加支給。

教育訓練給付金(最大48万円)

三重県看護師等修学資金(60万円)

学費の最大63.5%

みんなで、学び続けています。

山口佳子
三重県松阪市
南産婦人科勤務

子育てをしながらの学生生活は想像以上に厳しいものでした。でも同期生には現役生から看護キャリア20年のベテラン看護師まで、様々な世代がいて、同じ志を持った仲間と日々励ましあい、高めあいながら充実した一年を送ることができました。グループワークが中心の授業では自ら学ぶ姿勢、相手の話を聞くこと、自分の意見を伝えるということを先生方は、あたたかく、時に厳しく導いてくださいました。
卒業してからも同期生や後輩たちと学校に集い、事例を持ち寄って先生方を囲み、「事例検討会」を行っています。学校を開放してもらっている事で、貪欲に学んでいた学生の頃の気持ちを思い出すことができ、共に学べることを喜び合っています。これからも実践力を高め、発展させるため、学び続けて行きたいと思います。

高い合格率が証明する国試対策システム

最新鋭の国家試験対策システム(TSSE)は、国試問題の「データベース管理」、それをもとにした「模試問題自動編集」、「自動解答採点処理」、「試験結果履歴管理」の4つのシステムで構成されています。看護師国家試験の過去10年の全問題をデータベース化して管理、毎年国試の問題を蓄積していきます。本校では、このシステムを最大限活用することにより、学生一人ひとりの個人レベルでの国家試験対策が、より万全になるものと確信しています。それと並行して集中講義や、外部講師による特別講義を実施し、知識の定着と応用を図ります。

国家試験対策システム(TSSE)

助産師国家試験の難易度

助産師国家試験の過去5年の合格率は、平成27年99.9%、平成26年96.9%、平成25年98.1%、平成24年95%、平成23年97.2%となっています。最近は受験者数が増え、90%後半の合格率となっていますが、以前は100%の年もありました。
基本的には落とすための試験ではないので、まじめにしっかり助産師の勉強をやっていれば合格できる難易度です。
合格率が低い年があるのは、『一応、助産師の資格もとっておこう』という学生がいることと、大学は看護師・助産師・保健師の国家試験を同じ年に受験するのですが、日程が近いため、助産師国家試験の勉強がおろそかになり合格率が下がっているようです。
なお、助産師国家試験に合格していても、看護師国家資格に不合格だった場合、助産師の免許を受け取ることはできません。

■助産師国家試験の
過去10年の合格率
■本校合格率
第90回助産師国家試験
(平成19年)94.3%
第91回助産師国家試験
(平成20年)98.1%
第92回助産師国家試験
(平成21年)99.9%
第93回助産師国家試験
(平成22年)83.1%
第94回助産師国家試験
(平成23年)97.2%
29名/29名 100%
第95回助産師国家試験
(平成24年)95.0%
20名/22名 90.9%
第96回助産師国家試験
(平成25年)98.1%
23名/23名 100%
第97回助産師国家試験
(平成26年)96.9%
28名/29名 96.6%
第98回助産師国家試験
(平成27年)99.9%
29名/29名 100%
第99回助産師国家試験
(平成28年)99.8%
21名/21名 100%

就業実績

人口10万人あたりの助産師数が、永年全国でワースト1であった三重県に唯一設置された助産師養成所として、三重県内は
もちろん近隣や学生の出身地など、多くの医療施設に卒業生たちが就業していきました。
これからも、三重県を中心に多くの医療施設から求められ、信頼される助産師を輩出し、地域医療に貢献していきます。

就業実績施設

桑名東医療
センター
三重大学医学部
付属病院
紀南病院 近江八幡市立
総合医療センター
聖母病院(東京都)
ほりべレディース
クリニック
三重中央
医療センター
名古屋
掖済会病院
蒲郡市民病院 府中病院(大阪府)
ヨナハ産婦人科
小児科病院
ながたレディース
クリニック
名古屋第一
赤十字病院
京都民医連
中央病院
赤堀病院(岡山県)
JAいなべ
総合病院
ヤナセ
クリニック
鈴木医院(愛知県) 宇治徳州会病院 津山中央
病院(岡山県)
おばたレディース
クリニック
セントローズ
クリニック
小牧市民病院 済生会千里病院 香川大学医学部
附属病院
市立四日市病院 済生会
松阪総合病院
大垣市民病院 サクラ
レディースクリニック
国立神奈川病院
県立総合
医療センター
南産婦人科 岐阜大学
医学部附属病院
石川県立
中央病院
関西医大
付属病院
みたき
総合病院
伊勢赤十字病院 岡崎市民病院 恵寿総合病院(石川県) 甲府共立病院
白子クリニック 森川病院 藤田保健衛生病院 長良医療
センター(岐阜県)
豊川市立
市民病院
JA鈴鹿中央
総合病院
尾鷲総合病院 安城更生病院 松波総合病院(岐阜県) 井上クリニック(福井県)
先頭へ戻る