卒業後の進路

ユマ
サポ10

卒業後の進路

ユマニテクは三重県下唯一の助産師養成所として助産専攻科を併設しています

看護学科の3年次進級時に申請

本校入試の、どの入試制度で入学しても「助産専攻科進学」の申請を希望することができます。進学申請するには基準があります。申請時の成績状況で進学の適不適を判定します。この制度は助産専攻科への進学を保証するものではありません。

進学コース申請について ※病院奨学金受給者は病院の承諾が必要です。

  1. 看護学科2年次から3年次へ進級する時期に「助産専攻科進学」申請を行います。
  2. 1年・2年次の成績を基準に「内部進学」への適否判定を行います。
  3. 「内部進学」に進まず「産科就業」を選択することもできます。
  4. 適否判定の結果、「適格」となった場合、3年次の11月初旬に内部推薦の最終判定を行います。
  5. 適否判定の結果、「不適格」となった場合、内部進学はできません。

内部推薦の判定結果の手順

  1. 内部推薦が適格とされた場合 → 1.内部推薦入学
  2. 内部推薦が不適格で一般受験を希望する場合 → 2.一般受験
  3. 内部推薦が不適格で一般受験しない場合 → 3.産科就業
  4. 内部推薦が不適格で一般受験しない場合 → 4.看護就業
1.内部推薦入学 ※病院奨学金受給者は病院の承諾が必要です。
  1. 学内推薦手続きを行い出願書類を準備します。検定料は免除されます。
  2. 学内推薦による助産専攻科の審査試験及び面接試験を受けます。
  3. 入学審査を経て進学手続をします。入学金は免除されます。
2.一般受験 ※病院奨学金受給者は病院の承諾が必要です。
一般入試の出願書類を準備します。検定料は免除されます。
3.産科就業 ※病院奨学金受給者は病院の承諾が必要です。
産科のある医療機関に看護師として就業し助産専攻科への推薦入学を目指します。
4.看護就業
一般の医療機関に看護師として就業します。
その後に助産師をめざす場合、卒業生特典として受験対策支援が受けられます。

在校生の声

ユマニテク独自のサポートで看護師をめざす。

中学の頃に祖父が自宅療養を行うことになりました。訪問看護師の仕事を目の前で見る機会があり、祖父の褥瘡の苦痛を和らげる為に熱心に看護を行う看護師の姿を見て感動したと同時に、祖父のために話し相手になることしか出来ない自分が悔しくて、将来看護師になりたいと強く思いました。高校時代も看護コースに在籍し、看護師になるために努力をしてきました。ユマニテクでは他校と違い様々な病院奨学金制度を含め、サポートが充実しており、特にタブレット端末を活用した電子書籍や「ナーシングスキル」「今日の臨床サポート」など、学習活用できるシステムに魅力を感じています。

卒業生の声

卒業後のスキルアップもサポートします。

Route.1.
看護教員になる。

私は臨床で12年間勤務した後に、母校であるユマニテク看護助産専門学校に教員として勤務しています。臨床は、学校で学んだ知識を広い分野で発揮できる場と考えています。病気や障がいを抱えた患者さまに遭遇し、その中には多くの喪失体験や、死と隣り合わせの患者様もみえます。そんな中、患者様に寄り添い、手を差し伸べることで患者様の痛みを和らげる事ができることを知り、看護の素晴らしさを感じました。それは看護師としての自分の価値を患者様が認め、必要としてくれているからだと考えています。

Route.2.
看護師になる。

学生時代の臨地実習では、自分だけでなくグループの協調性も重要であり、その中で自分自身の意見も出していかなくてはならないので非常に大変でした。しかし患者さまとの触れ合いの中で、名前を覚えてくださった時の嬉しさや、術後の回復を目の当たりにした時の感動など多くの経験もありました。丁寧さ、優しさなど日々の業務の中で忘れがちになることを学生時代の実習を思い出し基礎を大切に日々頑張っています。

Route.3.
助産師になる。

2011年の東日本大震災では津波が街を襲い、生活の場所、命、希望、勇気などのすべてを奪う映像に大きな衝撃を受けました。また、それと同時に災害の中、新たに誕生する命があり、その生命を大切に取り上げる助産師の姿に感動を覚えました。早期の復興を願うと同時にこれから自分に出来る事は何なのかを考え、看護師になり助産師になるという私の夢を叶えてくれる学校はユマニテクしか無いと思い、入学を決めました。病院奨学金制度のサポートを受け、修業・就職までスムーズに行う事ができ、今は助産師として夢への一歩を歩んでいます。

先頭へ戻る