学科概要

基礎から始めて、専門、そして応用実践へ

3年間で、看護の基本から現場に適応できる技術・知識、社会人としての基礎やコミュニケーションまで、専門的・体系的・段階的に積み上げながら学びます。また、机の上だけでは得られないことも、さまざまなアプローチで、理解するまでしっかりサポートするカリキュラム構成です。

  1年次 
看護の基礎知識・技術を習得する
2年次 
専門的知識・技術を学び、
その理論と実践を関連づける
3年次
対象の個別性と変化に応じて
看護過程を応用展開できる
統合分野 在宅看護概念と保健I(1) 在宅看護概念と保健II(1)
在宅看護の方法I(1)
看護の統合と実践I・II(2)
卒業看護研究(1)
看護管理(1)

看護の統合と実践実習(2)
専門分野II 成人看護概念と保健(1)
小児看護概念と保健I(1)
老年看護概念と保健I(1)
精神看護概念と保健(1)

成人看護の方法I~V(6)

老年看護概念と保健II(1)
老年看護の方法I・II(2)

小児看護概念と保健II(1)
小児看護の方法I・II(2)

母性看護概念と保健(1)
母性看護の方法I・II(3)

精神看護の方法I・II(3)
成人看護学実習I~III(6)
老年看護学実習I・II(4)
小児看護学実習(2)
母性看護学実習(2)
精神看護学実習(2)
専門分野I 〈基礎看護学臨地実習〉
基礎看護学実習II(2)
〈基礎看護学〉
看護学概論(1)
臨床看護学総論(1)
共通援助技術I~III(3)
日常援助技術I~III(3)
回復促進援助技術I(1)
〈基礎看護学臨地実習〉
基礎看護学実習I(1)
〈基礎看護学〉
回復促進援助技術II(1)
専門基礎分野 〈人体の構造と機能〉
解剖生理学I~III(3) 生化学(1)
〈疾病の成り立ちと回復の促進〉
病理学(1)
栄養学(1)
病態生理学I・II・IV(5)
薬理学(2)
微生物学(1)
〈健康支援と社会保障制度〉
医学概論(1)
保健医療論(1)
〈疾病の成り立ちと回復の促進〉
病態生理学III(1)
〈健康支援と社会保障制度〉
公衆衛生学(1)
〈健康支援と社会保障制度〉
社会福祉(2)
関係法規(1)
基礎分野 〈科学的思考の基盤〉
国語表現法(1)
基礎英語(1)
〈人間と生活、社会の理解〉
社会学(1)
人間関係論(1)
〈科学的思考の基盤〉
教育学(1)
情報科学(1)
レクリェーション体育理論(2)
〈人間と生活、社会の理解〉
発達心理学(1)
カウンセリング理論(1)
英会話(2)
〈人間と生活、社会の理解〉
生命倫理(1)

( )内、単位数

ユマ看生にこんなことききました

好きな科目は何ですか?

集中力養成(リクリエーション体育理論)

教育の一環として集中力向上に取り組んでいます。皆が、集中力が無いわけではありませんが、多くの学生は上手く活用できていません。ユマニテクでは、養成講座で集中力をコントロールする方法を学び、学習や実習に活かしています。

病態生理学

人体の正常な機能が異常をきたしたり、調節機能が破綻して病気となった身体機能の状態と、破綻をきたす原因を解き明かす学問です。代謝、呼吸、環境、循環病態生理学、脳の各生理学の学問体系があります。

解剖生理学

人体の構造と機能を学ぶ解剖生理学は、看護の授業で最も基礎になる科目で、専門基礎科目や専門科目の理解のためには不可欠です。解剖生理学を効果的に学習するためは、高校の「生物」・「化学」を復習しておくとよいですね。

ユマ
サポ01

解剖見学

大学病院協力の下、解剖見学を行い、肺の右が三葉、左が二葉になっていることや、動脈と静脈の太さの違いや感触の違い、人体で一番太い神経である坐骨神経が他の神経と比べてどれくらい太いのかなど、実際に目で見て理解を深めます。

先頭へ戻る